化粧品に配合されているFGFについて

最近化粧品にFGFという成分が含まれていることがありますが、どんな働きをしてくれるのか把握されていますか?FGFとはFibroblast growth factorsの略で真皮層の線維芽細胞を増力させてくれる働きを持つ成長因子のことになります。

肌の細胞にはFGFの受け止めてくれる受容体が存在するため、FGF入りの化粧品をつかうことで、線維芽細胞の働きを活性化して、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促してくれます。

基本的に化粧品ではFGFは角質層にまで届いてくれますが、真皮層にまでは到達はしないことは知っておきましょう。この際のFGFはFGF-1という部類になり、スキンケア向きの成分になります。

ただし、FGF入りの化粧品で対策ができるとは思わないことです。せっかく線維芽細胞を活性化してコラーゲンが作られても、コラーゲンを束ねる機能が弱いと肌に弾力性がもたらされません。

コラーゲンをケイ素で束ねてあげる

コラーゲンを束ねるためにはどうしたらいいのか?その解決策はケイ素というミネラルにあります。ケイ素は丈夫なお肌を作ってくれる成分で作られたコラーゲンをつなぎとめる役割を持っています。

ケイ素は食べ物に穀物に多く含まれますが、天然水にも含まれるので摂取のしやすさで考えると天然水がおすすめでしょう。通販でケイ素を含んだ天然水は様々なメーカーが販売しているので下記のサイトで良さそうなものを見つけてみるといいですよ。

>>ケイ素水の効果

肌の弾力性を高めるためにケイ素水を飲むという女性が増えつつあるので、これを機に肌にいい飲み物を摂取してみてはいかがでしょうか?