日焼け止めを使用しても日焼けしてしまう理由とは?

日焼け止めの成分は主に紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類から構成されています。

紫外線吸収剤はその名の通り、紫外線を吸収してくれるので紫外線を肌に浸透させない役割を持っています。

もう一つの紫外線散乱剤は、紫外線を反射する働きを持っています。

二つの成分は役割がはっきりと異なりますが、この二つが配合されているとバランスよく紫外線から肌を守ることができるようになります。

ただ、日焼け止めを使用されている方には「いつも使っているのに日焼けしてしまうあkら効果ないんじゃないの?」と疑問視されるケースがありますがこれには理由があります。

まず日焼け止め自体は100%紫外線から守ってくれるというわけではないということです。

肌全体にまんべんなく塗っていても、紫外線の光はとても細かい部分も通過して肌にダメージを及ぼすので、日焼け止めだけでは不十分なんです。

日焼け止めにはPAやSPFといった数値がありますが、これの数値が高いほどに紫外線をガードする働きが高まります。ただ、数値が高いほどに肌への負担も高まるので、日焼けはしなくても劣化が早まる可能性があります。

今話題の飲む日焼け止めについて

今までは日焼け止めは肌の外側から行うものが多かったのですが、最近はサプリで対策をする方が増えてきています。抗酸化の強い成分を多く含んでいるので、体の中から紫外線をシャットアウトできるというわけなんです。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

飲む日焼け止めサプリが詳しくわかるサイト